2019春の入試結果
[2019年春の入試結果]
◾️ この春は、神戸高校合格者が出ました。
◾️ 卒業生が塾に来て「京都大学法学部に合格しました!」
という報告がありました。

◼︎ 友田塾は「落ちこぼれ生徒の救済」からスタートしました。
ときどき「友田塾は、レベルが低い」という声を聞きますが、
レベルの高い生徒もいるのですよ。
◼︎ 「友田塾の〈立体化教育〉の質の高さは、日本で3本指に
入る」という人もいます。はたして、その人の目はいいのか。

[2学期から友田塾で勉強しよう]
まずは、体験入塾から始めてみませんか。



有岡城跡に行ったよ
先日、JR伊丹駅の近くにある運転免許更新所に行きました。そのついでに、駅前にある有岡城跡に寄ってみました。2度目です。

知っているかもしれませんが、有岡城には戦国時代の有名なエピソードがあります。当時城主だった荒木村重が織田信長に反旗を翻して、
説得に来た親友の黒田官兵衛を牢屋に閉じ込めたり、もう敗北濃厚になると、自分の家族や家来たちを見捨てて、自分だけ逃げたというお粗末な話です。
それに比べて、羽柴(豊臣)秀吉に水攻めにされた高松城の城主だった清水宗治は、本能寺の変の直後に「3000名の命を助ける代わりに、城主が切腹する」という和睦案を受け入れて、秀吉の見ている前で自害したという話です。
これらが、ほぼ同じ時代にあったんですねえ。
私の独断ですが、宮沢賢治は清水宗治の話をどこかで知って、『銀河鉄道の夜』の中に、かくし味のように入れています。
今は、がら〜んとした有岡城跡ですが、400年前の話に興奮します。