友田塾の指導法
立体化教育
友田塾では、長年にわたって練り上げてきた
《立体化教育》という指導法があります。
画一的な教育から生徒ひとりひとりの個性を
伸ばすこと、暗記中心の勉強から想像力を豊
かにすること、受験のテクニック重視から生
涯にわたって役立つ知識を身につけること、
など指導法に創意工夫をしています。ここで
は、その一部を紹介します。
序章 立体化教育とは
1 <生きること>と<学ぶこと>を結びつけること
   知育、徳育、体育をバランスよ~く実践すること

2 学ぶことによって、人間的に成長すること(成長)
   理解できていなかったものを理解すること(理解)
   理解できないものがあることを知ること(謙虚)

3 平面的な知識を<立体的な知識>にすること
   表面的な学習では「役に立たない知識」を、
実践と想像力によって<生きた知識>にすること

■ 例えば、ほとんど試験のためにしか勉強
していなかった英語を、異文化交流の機会
に少しでも使える状態にまで、鍛えること

4 個別から始まって、普遍へ至り、普遍から
戻ってきて、また個別のことを見直すこと

■ 例えば、自分のすんでいる町のこと~
神戸市のこと~兵庫県のこと~関西のこ
と~日本のこと~アジアのこと~世界の
こと(地球のこと)~太陽系のこと~
銀河系のこと~宇宙のこと~

■■ 銀河系のことから太陽系のこと~地球
のこと(世界のこと)~アジアのこと~
日本 のこと~関西のこと~兵庫県のこと~
神戸 のこと~自分の住んでいる町のこと‥‥
これをくり返すこと

5 いろんな形の学習法

■ 「教師→生徒」「生徒←→生徒」
「生徒→先生」「一斉授業」「個別
授業」「講義形式」「対話形式」「デ
ィベート形式」「室内授業」「野外授
業」「街中での授業」「田んぼの中で
の授業」「森の中での授業」

■■「習熟度別授業」「複数学年同居授業」
「単発的授業」「継続的授業」「教科担任
制の授業」「学外の講師による授業」「歩
きながらの授業」「目かくしをしての授業」
「口を使わない授業」

6 教えることはたくさんある

■ 道と途中(おいしいもののあるところ、
楽しい気分になるところ、危険なところ)、
地形の特徴、天気の特徴、農作物、植物、
動物(へび、かえる、いのしし、しか、
くま、ねずみ、もぐら、とり、さかな、
ねこ、いぬ……)

■■ 水と空気、長さと広さ、深さと高さ、
速さと時間、 いろんな連絡方法、いろん
な家、いろんな建物、 コンビ二とスーパ
ー、本屋さんとビデオ・ショップ、 映画
館と図書館、ラーメン屋さんとうどん屋さん、

■■■ いろんな店、いろんな工場、いろんな
会社、交番と警察署、郵便局と銀行、幼稚園
と保育所、いろんな学校、バス停と駅、一般
道路と高速道路、

■■■■ 役所、JA、政治と経済、産業、貿易、
いろんな言語、いろんな歴史、いろんな文化、
いろんな宗教、いろんな音楽、いろんな美術、
いろんな文学、

■■■■■ 自然のしくみ、太陽と お月さん、星、
天の川、病気と怪我、医院と病院……

7 らせん型学習方法

らせん階段を上っていくように、何度か学習
していくうちにだんだん高くなっていく

8 表現の根拠・背景を問うこと

漢字の成り立ち、結論に至るプロセス、なぜ
そういう答になるのかということ、他人の気
持ち、筆者の考え、事件の背景

9 筋道の通った考え方が

複雑な問題を解決していくときに必要

10 筆者が目の前にいるようにすること

音読はそのひとつの方法
第2章 算数・数学の立体化
1 なぜ数字を使うか……を考えることは大切である。

 ❶ 例えば、大きいとか小さいとかいっても比較するもの
によっては、たいして大きくなかったり、たいして小さ
くなかったりすることがある。

❷ その他にも、私達の身の回りには、長い短い、重い軽い、
深い浅い、強い弱い、早い遅い、速い遅い、明るい暗い、
高い安い……主観的な形容詞で表現していることがたくさん
ある。

❸ あるところを基準にすることによって、「数量の伝達」
や「客観的な比較」ができるわけだ。複数の人が生活してい
る場(社会)で、数字というものは使い方によっては、とても
便利なものである。

❹ もちろん使い方によっては、悪魔のようなものになること
もある。「勉強なんか何の役にも立たん」などという一見真実
を言い当てたようなことばは、何らかの気持ちを言いたいとき
のせりふとして発せられるのであろうが、ことばの真実からは
ずいぶんとかけ離れている。

❺ 特に算数・数学を教える側の者は、この数字を学ぶ意義を
しっかり踏まえておかなければ、自らの仕事が意識の内で空回
りしてしまう。

  ❻ 数字を使うことは<立体化>の逆のように感じるかもしれ
ない。けれども数字を使わずに主観的な表現をしているのは一面
的な見方のままであって、数字を使うことによって、少なくとも
二面的な見方をしているといえる。

❼ すなわち、他者と交流するときに使われる数字というものは、
他者との了解を前提にして成り立つものである。この前提を理解し
ているのと理解していないのとでは、通じる話も通じないというこ
とになってしまう。

2 数字がひとり歩きしないように

  ■ 例えば、4kmと3時間を足したら7だというのは、
意味がない。1時間につき4kmのペースで3時間だ
ったら、それなら掛け算をして、12kmだという答え
には意味がある。そんな掛け算はあちこちの場面で使
っている。

3 整数は特別な節目の数字にすぎない

■ 数直線をイメージしてもらったらわかると思うが、
数というものはずーっと続いているものなのだ。
音楽でいうと、音というものは低い音から高い音まで、
ずーっと続いていて、ドレミファソラシドはいくつかの
節目にある音というわけだ。

4 ものごとや関係を表す式には変域がある……当たり前の話

  ■ 例えば、お風呂に水を入れるとき、ある時間が経過すれば、
それ以上は水は溜まらない。ろうそくが燃えるとき、ある時間
が経過すれば、それ以上は燃えない。それ以上燃えたら、火事
になってしまう。
第3章 音楽の立体化
1 「音を楽しむ」で音楽

 どんな音を聴いて楽しいと思うかは、人によって
さまざまである。だから、自分がどんな音を聴いて
楽しくなるかを知っておくとよい。ただ、若いうち
に偏った分野だけでなく、いろんな分野のすばらし
い演奏を聴いておけば、長い将来にいろんな音を楽
しむことができる。いろんな食事をおいしく味わえ
るように‥‥‥。
  演奏についても同じことがいえるが、自分自身の
演奏を楽しめるようになるまでには、かなりの練習
が必要だ。下手すると「音を楽しむ」ために始めた
のが「音で苦しむ」結果になってしまう。

2 曲には、歌詞がつく場合がある

歌詞を理解できなくても曲だけで楽しめる場合も
よくある。さらに、その歌詞を理解することがで
きれば、立体的に味わえるというわけだ。

ただし、学校の音楽の授業では、ともすると曲の
ほうに重点が置かれていることが多い。音楽の先
生に「文学的な味わい方も教えてほしい」という
のは、少し無理な注文かも知れない。たいていの
場合、作曲者名と作詞者名は作詞者名が先に書か
れている。それにはそれなりの理由があるのだ。

で、もしも私たちが曲を紹介するときには、まず
その詞をじっくり読み、その詞を朗読して、それ
からメロディをつけて歌ってあげれば、聴く人も
しっかり味わえるだろう。

3 曲を聴くとき

 曲をつくった人は、何かを見たり、何かを感じ
て、それを曲にまとめるのだ。曲をつくったわけ
ではない私たちは、曲を聴いて、その何かを見る
ことができるだろうか。それができるようになる
ための作業を、私は<音楽の立体化>と呼ぶ。

幅広い知識や創意工夫や直感を駆使して、<音楽
の立体化>ができたときに、曲をつくった人は、
喜びを感じ、自分が曲をつくったことが無意味で
なかったと思うだろう。

  パイプオルガンの曲を事情からCDで聴いたこ
とのある人はたくさんいるだろう。けれども、でき
ることなら教会で聴くのがよい。宗教面のことはと
もかくも、教会そのものが楽器なのだから、その楽
器が持ち運びできない以上、聴こうとする人自身が
その楽器の中にはいらなければならない。その点で
は、パイプオルガンは最も立体的な楽器といえるか
も知れない。
第4章 英語の立体化
1 発想の立体化
 
  自分の家しか知らなかった幼児が、他の子の家を
訪れて自分の家と違うところを見る。そのときに初
めて自分の家の特徴を知ることになる。それと同様
に、日本語しか知らなかった小学生が、中学生にな
って外国語を学び、外国語の学習を通して、外国人
の発送~文化を知るようになる。教養ある人間にな
るためには、外国語の学習はたいへん重要な意味を
もっている。

2 学校英語の不人気

 上述の英語学習の意義を、はたして生徒たち
がどれくらい理解できているのか。また、先生
自身がどこまで認識できているのか。そして、
特に英会話に関しては、それなりの訓練が必要
なのだが、その訓練をろくすっぽしていないに
もかかわらず「6年間も英語を勉強してきたの
に、ちっとも話せないのは、教育が悪い!」と
いう人が何と多いことか。

もしも6年間、英会話の練習をしてきた上で、
言うのならその指摘は当たっているが、英会話
をほとんど練習していない人が「なぜ、私は英
会話ができないんだ」と言っても笑われるだけ
だろう。

むしろ、学校教育のおかげ(?)で、たいてい
の人は英語の基本的な「知識」は、身に付けて
いるのだ。それを土台にして、英会話もできる
ようにしたらいいだけのこと。机の上だけの勉
強から、生活の場でも使える勉強に<立体化>
させよう。

3 方法

使える英語にしたいのなら、まず音声から入る
こと。聴いて、話す。話して聴く。私たちが幼
いころから日本語を習得してきたように、たっ
ぷりと聞いて、そしてぼちぼち話す。これが大事。

4 楽しむ
英語の歌を英語で楽しむ。英語の映画を英語
で楽しむ。外国人と英語で会話する。きょう
勉強したことがきょう役に立つというのは、
うれしい。勉強すればするほど、よく理解で
きるようになり、楽しくなってくる。それが
英語の立体化である。

第5章 歴史の立体化
1 歴史を学ぶということ

例えば、大きな事故があったときに、そこから
何かを学ぶ人たちと何も学ばない人たちとがい
たとしたら、どう思いますか。歴史から、学ぶ
ものがあるかぎり、それは生きた教材であります。
貴重な教材であります。

歴史を学ぶということは「過去から学ぶ」という
ことです。過去から学ばない民族は、同じ不幸を
くり返します。

2 歴史を教えるときに

教師は、過去のその場面を再現してみせることが
大切です。その場面を見ている生徒の心が動くよ
うな「語り」をすることです。それには、断片的
な知識の披露では、不足です。その事件の本質を
理解していることが前提です。また、その事件の
背景も知っておくことが必要です。

歴史と文学を立体的に語ることができれば、「語り」
が生き生きしてきます。戦前の「軍国主義教育」は、
反省点がたくさんありますが、「語り」を取り入れ
た「国史」教育は、当時の子供たちにはかなり強い
印象を与えたようです。

もちろん社会を動かしていくのが、天皇ではないこ
とは自明ですが。「生き生きとした授業」という点
では、戦前の「国史」教育の方法に軍配が上がるで
しょう。

そのためにも、教師は勉強しなければなりません。
しっかり勉強している教師の「語り」には、耳を
傾けてしまいます。「説得力がある」ということ
でしょう。

それに比べて、勉強していない教師の授業ほど、
つまらないものはありません。それは、歴史が
つまらないのではなくて、「歴史を語れない教
師」がつまらないだけなのです。

3 例えば「頼朝と義経」

当時の武士たちは、戦で自分の身内を敵にして
戦わなければならないことがよくあった。けれ
ども、戦果は天皇・貴族が得るわけで、武士た
ちはいわば「使い捨て」同然だった。

源頼朝は、武士のための政権を樹立することが
必要と考えていた。貴族化した平家を倒しても、
後白河法皇の言いなりになっていては以前のまま
だという思いがあった。

そういう状況なのに、義経は後白河法皇から位を
もらったわけで、確かに「時代を読めていなかっ
た」とか「自らが征夷大将軍になる気になった」
とか言われても仕方ないであろう。

義経と弁慶の物語は、それはそれでとてもおもし
ろいのだが、天皇・貴族の時代から武士の時代へ
大きく変わっていくという歴史的背景を見ること
は、さらに重要だと思う。

4 例えば「15年戦争」

■ 1929年、世界恐慌…各国は経済的打開策を。
■ 1931年、満州事変…日本は中国に侵略を開始。
■ 1932年、5.15事件…満州侵略反対派への攻撃。
■ 1933年、国際連盟脱退
満州事変は「日本の侵略である」が42か国、
「侵略ではない」が1か国。もちろん、それ
が日本であり、その決定を不服として、国際
連盟を脱退。国際的な孤立の始まり。

■ 1936年、2.26事件…軍部主導反対派の抹殺。
■ 1937年7月7日、日中戦争
日本の侵略戦争。短期戦で勝つつもりだった
のが、長期戦に。中国の人たちに日本に対す
る不信感の根底には、この戦争でかなりえげ
つないことをしたことは、こころしておくべ
きであろう。
■ 1939年9月1日、第2次世界大戦
ドイツ軍がポーランドに電撃的に侵入。
ドイツもユダヤ人虐殺など筆舌に耐え難い
ことを行っている。

■ 1941年12月8日、太平洋戦争
東南アジアから資源の豊富なインドに進出
しようとした日本軍を米軍がぼこっぼこに。
相手の強さを客観的に判断することができず、
ハワイの真珠湾を電撃的に攻撃する。
半年後には、きっちり攻勢に転じた米軍は、
日本を叩きつぶす。敗北が決定的な局面であ
るにもかかわらず、沖縄戦で約10万人を死な
せる。そして、新型原子爆弾が広島、長崎に
投下される。
■ 1945年8月15日、無条件降伏。

(教師は、歴史の事実を語り、生徒たちに
判断させるのが理想形。もちろん、子ども
たちの将来のために教師自身はしっかりと
自分の意見をもっていることは大切‥‥‥)

4 歴史の教え方・学び方

古い時代から学ぶだけが歴史の勉強法
ではありません。大事なものの背景を
知るために「歴史をさかのぼっていく」
という方法もあるのです。

とくに「15年戦争」は、歴史の勉強で
最重要です。そこには、これからの日本
の進む道「戦争か平和か」という分岐点
での貴重な教訓があるのです。